[携帯モード] [URL送信]

Wonderful days
放課後フィーバーか!!
時間はあっ、と云う間に過ぎ、放課後。
奏汰は部活に所属していない為、のんびりと本を読んでいた。
その姿が度々目撃される為、付いたあだ名は、"氷帝の奇人変人、本の虫"である。
無論、本人もその事は知っている。
知った瞬間「確かにそうだ、的を得ている」と云って、爆笑していたが。
それは兎も角、奏汰はこの読書の時間がとても好きだった。
誰にも邪魔をされる事なく本が読める―――…その筈だった。
ダダダ、と、廊下がけたたましく鳴り響くと思いきや。

「ねぇ!!大ニュースよ!!大ニュース!!青学の手塚君が来てる!!」
「手塚君と跡部様の2ショット!!激レアじゃない!!」
「見に行くわ!!写メ撮らなきゃ!!」

教室に居て、無駄話に勤しんでいた女子生徒達は、スマホ片手に走り出す。

「……放課後までフィーバーか(--;)」

奏汰はポツリ、と呟く。
すると、1人女子生徒が戻って来た、と思いきや、

「アンタも行くの!!」
「何で!!(゜□゚ノ)ノ」
「アンタはエサなの、エーサ!!黙ってたら美少女なんだから!!」

その言葉に、奏汰、絶句。
女子生徒は、茫然としている奏汰の腕を掴むと、目的地である場所に一目散に向かった。

「ボクまでフィーバーに巻き込むなー!!」

奏汰の悲鳴は、女子生徒の耳には届かなかった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!