[携帯モード] [URL送信]

Wonderful days
氷帝の天才は変わり者
「イケメン?それは兄上達の事を指して居るのかね?」

きょとんとした表情に、女子生徒が大きく頷いた。

「モデルのKaitoに、Eternalの雪斗、俳優の日下部連がお兄様だ、なんて贅沢すぎるわ」
「贅沢…?理解出来ないが」
「人間に興味を示さない奏汰には判らないわよ」

どうやら、跡部様フィーバーを終わらせた他の女子生徒達が、ホームルームに間に合わせようと各クラスに戻って行ったようだ。

「あれだけ騒げば、ストレス発散出来ただろう?」
「何云ってんのよ!!私はね、朝だけしか、跡部様を見られないのよ!!あぁ、跡部様…」

奏汰の後ろに座った女子生徒は、うっとり、とした表情を浮かべ、目に焼き付けた跡部様の姿を思い出して居るようだ。

「………あれのドコが良いんだ?」

こてり、と小首を傾げ考えるものの、答えは見つからない。

「人に興味を示さないアンタが、我が氷帝学園創立以来の天才だなんて…あり得ないわ」
「う?」

きょとんとした表情に、溜息を吐く2人。

「ホント変わり者よね…奏汰って」
「変わり者なのはボクだけだ。どうだ、参ったか」
「「自慢にならないわよ!!」」
「ふえーん(。>_<)」

2人の突っ込みに、奏汰はどうする事も出来なかった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!