[携帯モード] [URL送信]

敵か味方か
_
部屋から出て 朱里と二人で歩いてたら

「 双葉 !! 」

この声は、千歳先輩か 。
後ろ振り向いたら 、蔵先輩と謙也先輩も居って、なんとなく気まずくてそのまま歩こうとしたら _

「「 すまんかった !! 」」

二人が声を揃えていきなり謝ってきたからびっくりした 。

《 は ? 》

「 お前があんなに必死に朱里を守ろうとしたのに、俺らはそれを信じることができひんかった 。」
「 あんなひどいこと言ってすまんかった 。」

蔵先輩と謙也先輩には、真実が届いたって事やんな 。

でも、あまりにも真剣にうちのこと見てくるもんやから、少し気恥ずかしくなって

《 うちじゃなくて、朱里に謝ってください 。
うちは別に辛いことなんてなかったけど、朱里はすごい辛い思いしたんです 。》

ちょっと、ぶっきらぼうになったけど、素直に嬉しかった 。

「 うちらも朱里ちゃんのこと信じるで ~ !! 」

《 小春先輩 !? 》

小春先輩だけじゃなくて、その後ろには四天の皆と、立海の赤也君と仁王先輩、丸井先輩もいた 。

「 俺らも信じるぜぃ 。」
「 朱里は優しいからな !! 」
「 守るぜよ 。」

こんなにも、沢山の人が朱里の味方になってくれるなんて思ってなかった 。

嬉しくてにやけそうになる自分を抑えて、皆と朱里の部屋で話した 。

千歳先輩が傷の手当てをしてくれて、そのあと四天の皆にはこっぴどく叱られた 。

光にはでこぴんされた 。

でも、凄く幸せやった 。

_ そろそろ 、始めてもええかな 。

[次へ#]

1/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!