[携帯モード] [URL送信]

敵か味方か
_
悔しい 。

《 皆には、見えんのですか ?
こんなに隅っこで小さくなって震えてる朱里の姿が 。
皆には、聞こえませんか ?
必死に助けを求めてる、朱里の心の叫びが !!
私は、翔子先輩の涙よりも、朱里の涙を信じたい 。
こんなにも、壊れそうになってる朱里が流す涙を信じたい !! 》

この声が、叫びが 、一人でもたくさんの人に届いてほしい 。

《 皆は、誰かに傷付けられる痛みを知ってますか ?
誰かに傷付けられる苦しみを知ってますか ?
誰かに傷付けられる痛みや苦しみを知っとる人間は、誰かを傷付けようとはせんのですよ 。
それに …… 。》

跡部先輩が持ってるカッターを奪った 。

_ シュッ !!

『 双葉っ … !! 』

蔵先輩の声が聞こえた 。
腕、切ったからやろか 。
そんなんどうでもええわ 。
朱里の方が、何倍も何十倍も痛かったんや 。

《 傷は自分でも付けられるんですよ 。
こんな危ないもん、人に向けたらあきませんよ ?》

カッターの刃をしまって跡部先輩に握らせた 。

《 午後の練習は、休みます 。
こんな状態の朱里は見ていられないので 。
…… 失礼します 。》

朱里を連れて部屋から出た 。

最後に見えた皆の顔は、迷いで揺れていた … 気がした 。

[*前へ]

8/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!