[携帯モード] [URL送信]

敵か味方か
_
『 もう、いいよ … 。
ごめんね 、私が生きてるのが悪いんだよね … 。
私が死ねば、いいんだよね … 。』

朱里が、震える声でそう言った 。

_ パシンッ…… !!

朱里が、驚いた顔をしてる 。
そりゃそうか、うちが朱里の頬叩いたからな 。

でも、許せんかった 。
許したくなかった 。

《 なんで … そんな悲しいこと言うん … ?
朱里は、生きててええんやで 。朱里が居らんかったら困る 。
なぁ、朱里 。
うちはな、そんなことを朱里に言わせる為に朱里の味方しとるんちゃうで ?
ほんまの朱里の笑顔見たいねん 。
作ってる朱里の笑顔じゃなくて、ほんまに楽しくて笑ってる笑顔が見たいねん 。》

『 うっ … っ … 。』

やっと、朱里が泣いた 。
皆の前で 。


[*前へ][次へ#]

7/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!