[携帯モード] [URL送信]

敵か味方か
_
「 双葉 。」

「 もうこんな奴の味方するのやめ 。」

蔵先輩と謙也先輩 。

なんで、なんでそんなこと言うん 。

《 でもっ … 。》

「 あいつを信じた俺らがアホやった 。」

そこに、あの時の優しい蔵先輩の笑顔はなくて 。

冷たい瞳で朱里を見据えてた 。

[*前へ][次へ#]

3/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!