[携帯モード] [URL送信]

一筋ノ光

一筋ノ光 ― 続続・四 ―



「う゛あああああああ!!!」

「マサっ!!」


放たれた弾はマサの足を貫通したらしく、足の下には紅い海が広がっていた


「マサっ!マサぁっ!」

「ね?本気でしょう?……死にたく、無いよね?」


そうしてまたにっこりと妖艶な笑みを浮かべた


何で……こんなことにっ……!


「……なぃ。」


大人しくなり、抵抗を止めたのかと思えたマサが、ボソッと呟いた


「死にたく……無い…っ!」

「そう、じゃあこの子は貰っていいね?」

「何でもくれてやるっ!俺を殺さないでくれえぇっ!」


一瞬、時が止まったのかと思った


確かに、死ぬのは恐い

でも


でも俺は


マサを助ける為なら、この命差し出しても良いと思ってた


マサは……違ったんだな


いや、普通なのかな
その考えが


俺が…おかしい、のかな


「クスッ、お友達はこう言ってるよ?ねぇ、僕達の所に来ない?」


そうして再度差し出された手を


俺は



いつの間にか 握っていたんだ











[*prev][next#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!