[携帯モード] [URL送信]

一筋ノ光

一筋ノ光 ― 四 ―



何だ……?悲鳴……?



今日はなんだかいつもと違っていた


マサが来ないし

定期的に来る命を繋ぐ為のご飯も来ないし


それに、上から悲鳴のような叫び声が聞こえるような気がする



なんだろう

何があったんだろ……



気になるものの、ここから出られない俺は仕方無く大人しくしていた


マサ……会いたい、よ


――タタタタタッ


「銀!」

「っマサ!?」


俺の願いが届いたのか、マサが勢い良く走ってきた


額には汗を浮かべ、なんだか顔は険しい


どうしたんだ?
いつものマサらしくない


「逃げるぞ!ここから、出来るだけ早くっ!」

「え……?」


逃げる……?
ここから……?


そんなの…


「無理、だよ……。鍵…かかってるし、皆に…見つかっちゃう、よ。」

「鍵ならここにある!」


マサは鉄格子の鍵をガシャンッと音をたてて開けた


外へ……行ける、のか?





「でも、何でまた……。」

「説明してる暇は無い!早くっ!」


マサはグイッと俺の腕を引っ張った




すると突然、パンパンッという発砲音が聞こえた












[*prev][next#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!