[携帯モード] [URL送信]

一筋ノ光

一筋ノ光 ― 参 ―



「マサ、は…何で俺の事知らないんだ…?」


マサと出会って多分一週間くらいたった


俺はずっと疑問に思っていた事を口に出した

ドクドクと早打ちする心臓の音を感じつつ、マサの返事をまった


「あぁ、俺さぁ不義の子なんだよね。所謂妾の子?父さんの愛人の子なんだよ。」


マサが……

でも、あの一族なら追い出してそうなのに…


「俺頭がなんか知らないけど良くってさ、次の跡取り?とかで今呼ばれてんだ。」


俺の考えを読み取ってかマサはそう答えた


跡取り……マサが


「なら、こんな所にいちゃ駄目だよ。次期当主が俺なんかと……。」

「俺が来たいから来てんの。いいだろ?それに、『俺なんか』なんて自分を卑下すんなよ。」

「マサ……。」

「銀は綺麗だよ。俺が会ったどいつよりも、な。」


俺は変なんだろうか

男なのに、男のマサの言葉に……不覚にもドキッとしてしまった





そして、マサと会って丁度一年経ったある日……事件は起きた











[*prev][next#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!