[携帯モード] [URL送信]

一筋ノ光

一筋ノ光 ― 続弐 ―



目の前に現れたのは、奇抜なオレンジ色の髪をした今時?っていうのかな、そんな感じの男の子だった


「お前……なんでこんな所にいるんだ?」


すると口から驚くべき言葉が発せられた


一族の人間しか敷地には原則入れないはず

一族の人間なのに、俺を知らない……?


「誰……、あんた。」

「俺?俺は篠宮将人(シノミヤ マサト)!お前は?」


犬みたいに明るい人懐っこい笑顔を見せてそう言った


オレンジ色、性格みたい


「名前は……無い。」

「無い?じゃあ俺がつけてやるよ!んー……、銀(ギン)!単純だけど、その髪色超綺麗だからさ!」


綺麗なんて、初めて言われた……

銀…銀……


これが、嬉しいっていうのかな


「俺の事はマサでいいからな!宜しくな、銀!」


また人懐っこい笑顔を見せながら、手を出してきた


手……、握手?


檻越しに俺も手を出した


この時は何もかもが初めてで、新鮮で

本当に、綺麗だった










[*prev][next#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!