[携帯モード] [URL送信]

一筋ノ光

一筋ノ光 ― 弐 ―



こんな所に閉じ込めるくらいなら、いっそ殺せばいいのに


俺は生まれた時から、銀色の髪に碧い瞳

人ならざるモノとして、一族から隔離されていた



俺の居場所はここ

本邸の地下にある、牢屋みたいな所


ここが今まで生きてきた場所だった

そして、これからも



コツ コツ コツ


靴音……?

食べ物を持って来るにはまだ早すぎる気が……


「っへぇー!!こんなとこあったんだなぁ。」


誰だ……?
聞いた事無い声

俺と同い年くらい、かな


「ん?誰か居るのか?」


僅かな足枷のジャラッという音が聞こえたのか、ソイツは俺の方へ来た









[*prev][next#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!