[携帯モード] [URL送信]
◆甘い時間/観月はじめ



「どう?なんとか終わりそう?」


「そうですね…あと1時間もあれば終わると思いますが」


「観月でもそれだけかかるんだ…ごめんね」


「データを再び入力するだけです。それほど難しい訳ではありませんし、気にしなくて良いですよ名前」


「けど…」


「データをディスクに保存していなかった僕もいけなかったんです」



そう、僕の不注意でもあったんだ。
まさか名前が僕のパソコンのデータを間違って消してしまうなんて。


けれど名前が消してしまったのはほんの一部。

僕の頭の中に入っているデータだから再びデータを入れてしまえば元に戻る。



「本当にごめん。私どうしたらいいんだろう…」


「名前が落ち込んでいたってしょうがない事です。そうですね…名前は紅茶を用意してくれれば良いですよ」


「紅茶?それだけで良いの?」


「ええ、それで充分です」


「わかった。じゃあ少し待ってて」



本当はデータを入力してしまうのに1時間もかからない。

ただ、少しでも名前と居られる時間を延ばしたかっただけ。


僕の我が儘、ですね。


けして、正直には言いませんけど。



「ねー観月、この間作ったお菓子もあるんだけど食べるー?」


「お菓子ですか?あなたのお菓子は美味しいですからね。是非、お願いします」


「うん、わかった。えっと…こんなかんじで良いかな」



名前の淹れた紅茶に手作りのお菓子。


名前と二人きりの幸せの一時。



「お待たせ観月」



僕にとっての、甘い時間なんだ。











END

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!