[携帯モード] [URL送信]
◇バレンタイン/跡部景吾



「毎年すごい数だよねーチョコ」


「まぁな」


「全部食べるわけじゃないよね?」


「これだけの数食べれるわけねーだろ」


「だよねー」



毎年バレンタインの日がやってくると、跡部は女の子達から大量のチョコをもらう。

氷帝はもちろん、他校の女の子にも人気が高い跡部は、他校の女の子からもたくさんチョコをもらうわけで。

大きな車、数台分にもなる。

3年生である今年は、去年よりも数が多い。


テニスで全国大会まで行ったから、新たにファンが増えたんだろうと思う。







「名前」



跡部はわたしに向けて、手を差し出してくる。



「…これだけのチョコもらってるのに、わたしからチョコ欲しいの?」


「毎年お前からももらってるだろ」


「あげてるけど。本当にいるの?」


「あーん?」


「だって、これだけたくさんチョコあるんだし。わたしからもらわなくてもいいんじゃない?」


「…お前な。ったく…」



跡部は軽くため息をつく。







「名前からチョコもらわねーと、バレンタインの意味ねぇんだよ」





跡部は真っ直ぐにわたしを見て、さらにこう言った。








「俺様のバレンタインのチョコは…名前からのチョコ只一つだけだからな」











END

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!