[携帯モード] [URL送信]
◆繋いだ手/忍足侑士



ああ、もう…。
なんで私がこんなことを…。

今私は、先生に頼まれた仕事を1人教室でやっている。
しかも放課後…。

先生が忙しいらしいから、ちょうど近くにいた私にプリントの整理を頼んできた。
頼まれたら断れないんだよね私って…。

はあ…。

友達は用事があるって帰っちゃし…。

やっぱ1人で頑張るしかないな。

「よし!気合い入れて終わらせるぞー!」









一時間後。





「終わった〜!」




頑張ったな私!

って、もう6時近いじゃん!

外もだんだん暗くなってきてるって…あれ…?




教室の後ろの席に座ってるのって…。




「忍足くん?」




「お。もしかしてプリント整理終わったんか?」




「あ、うん。終わったけど…」



私がプリント整理始めた時は、教室には私以外誰もいなかった…。

ということは、私が仕事をやっている時に教室に入って来たってこと?

気づかなかった…。



「忍足くん、なにしてたの?部活は?」


「今日は部活はないんや。せやからサロンで読書してたんやけど、教室に忘れもんしてな。取りに来たら、名字さんがいたというわけや」


「で、忘れ物はあったの?」


「あったで」


「あったなら、なんで帰らなかったの?」


「名字さんがおったから」


「はい…?」


「俺は名字さんを待っとったんやで」


待ってたって…手伝ってくれてもいいじゃんか忍足くん…。

そしたら、早く終わったのに。

忍足くん、ケチだな…。




「それで、待ってたってどういうこと?」


「暗い道を女の子1人で帰るなんて危ないやんか。せやから、名字さんを待っとったんや」


「あの、忍足くん。きみが仕事を手伝ってくれてたなら、こんな時間にはならなかったと思うんだけど」


「まあ、そう言われればそうやろうけど。仕事しよる名字さんが一生懸命でかわいくてなあ」


「あ、あのね…」

忍足くんてば、なに言ってるのよ…。


「じゃあ私、このプリントを先生に渡しに行くから」


「そのプリントの量やと、1人では大変やろ?今度は俺も手伝うから、さっき手伝わんかったのは許してな?」


「え、いいよ。忍足くん」


「ええからええから」



そう言って、忍足くんはプリントの半分以上も持ってくれて、私は運ぶのが楽だった。

先生にプリントも渡したし、後は帰るだけ。




「ほな名字さん。帰ろうか」


「え?忍足くん、私の家とは逆方向でしょ?家」


「そうやけど、さっき言うたやろ?暗い道を女の子1人で帰るなんて危ないやんかって。せやから、俺が送って行く」


「ええ!?いいってべつに!」

「名字さんは気にせんでええて。俺が送って行きたいだけやから」


「…え?」


「ほな、帰るで。はよ帰らんと、もっと暗くなるやんか。名字さんかわいいから、変なやつに襲われるかもしれへんやろ?」


「いや、さすがにそれはないと思う…」


忍足くんって、心配性かな…?


「名字さん」


「え、手?」


「危ないから手繋いで帰ろうや」



忍足くんって、ほんと何考えてんだろ…。

ただのクラスメイトなのに。
手繋いで帰るなんて…。



「もしかして嫌か?名字さん」


「え?嫌じゃないけど…」


「じゃ、繋ごうな」



忍足くんが私の手を握る。




なんだろう。



不思議と嫌じゃない…。



むしろ安心する…。



「どうかしたか?」


「ううん。なんでもないよ」


忍足くんと手繋いでるの、ちょっと嬉しいかも。



「ありがとね、忍足くん」


「いや、べつにええで。もし、またこんな時間に帰ることがあったら俺が送って行ってやるから、言うてな?」



「ありがと忍足くん」






繋いだ手が暖かい。





忍足くん、今日はありがとう。










END

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!