[携帯モード] [URL送信]
◇空の下/甲斐裕次郎


退屈だなあ…この授業。


先生に見つからないように、ケータイでもいじっとこう。

ん?メールがきてる。




【名前。空がきれいさぁ】




空?




【今日は天気いいから確かにきれいだね。でも裕次郎がそんなこと言うなんて珍しいね】


【空をずっと見てたら思っただけさぁ。名前もわんと一緒に空見ないか?】


【今授業中だから無理じゃない。クラスも違うし】


【わんは屋上にいるやんにー】


【屋上?裕次郎もしかしてサボってるの?】


【実は遅刻してきたんさぁ。で、一時間目はわんの苦手な数学だから、別にいいかと思って屋上にいるさぁ】


【サボってるわけね裕次郎】

【それで名前、来るのか?】




今、退屈だからな…。




【行く。私もこの授業退屈だし】


【お、やったさぁ!わん屋上で待ってるやっしー、早く来いよ!】


【わかった。じゃあ少し待っててね】







「屋上に行くんですか?名前」


「永四郎…?もしかして今のメール見てた?」


「ええ、隣の席ですし全部見えましたよ」


「…ね、永四郎。今から屋上に行くのは先生には黙っててくれない?保健室にでも行くって先生には言うからさ」


「俺になんの得があるんです?」


「えー…。じゃあ、今度ソーキソバ奢ってあげるから!」

「…仕方ないですね。黙っててあげますよ」


「ありがとう永四郎!」


「早く甲斐くんの所に行くことですね。今ごろ、待ちくたびれてるかもしれませんよ」


「うん、また後でね永四郎!せんせーい、私ちょっと保健室に行ってきまーす!」








そんなに元気なのに、保健室に行くとは…。


サボることがバレバレだと思うんですがね…俺は。











「裕次郎ー!」


「名前!やー遅いぞ!早く来いって言ったやんにー!」


「ごめんごめん。ちょっと永四郎に捕まってたの」


「木手に?ぬぅやがー?」


「実は裕次郎とのメール見られててさ。だから黙っててって頼んでたの」


「ふーん」


「頼んできたからこの時間は大丈夫だと思うよ。それにしても、授業サボるの初めてだなー」


「名前はマジメに授業でるからなぁ」


「そりゃあね。サボりたいと思うことはあるけど、1人でサボっても楽しくないもん」


「今日はわんと一緒にサボりさぁ」


「そだね」


「名前。わんの隣に来るさぁ」


「うん。屋上から見る空って本当きれいねー」


「だろ?きれいな空だから名前と一緒に見たかったんやっしー」


「裕次郎。ありがと」


「わんの方こそ、ありがとうさぁ。授業サボってまで、名前が来てくれたことには感謝してるさぁ」


「あはは。感謝なんかしなくてもいいって。私も裕次郎と一緒にサボって、きれいな空を見れて嬉しいんだから」


「名前…」


「ねえ。一時間目が終わるまで、ずっと空見とこうよ裕次郎」


「ああ。名前が一緒ならずっと見ててもいいぐらいさぁ」


「私も裕次郎がいるなら、ずっと見ててもいいな。まあ、無理だけどね」


「授業全部サボったら、わったー呼び出しくらうだろうな」


「うん。先生達に起こられるね、絶対」


「それは嫌さあ」


「私も起こられるのは嫌よ」






そんな他愛のないことを、裕次郎と喋りながら空を見てた。



また今度、裕次郎ときれいな空を見れたらいいな。






できれば、学校が休みの時に二人でね。












↓オマケ








「名前、甲斐くん。いい加減起きなさい」





「ん…?」




「目が覚めたようですね甲斐くん」


「…き、木手!?」


「うーん…どうしたのー?ゆうじろ…」


「おはようございます名前」


「永四郎っ!?え!なんでここに!?授業は…」


「とっくに一時間目は終わりましたよ。2人は二時間目もサボる気ですか?」


「…いや、そんなつもりは」


「裕次郎…私達いつの間にか眠ってたみたいだね…」


「…そうみたいさぁ」


「さて、甲斐くんに名前。早く教室に戻らないとゴーヤ食べさせますよ」


「木手、ゴーヤはなし!名前、急いで教室に戻るさあ!」


「う、うん!永四郎、呼びに来てくれてありがとね!」






「まったく…。世話のかかる2人ですね…」






そう呟き、木手も教室に戻っていった…。










END

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!