[携帯モード] [URL送信]

虹蛇
6p
 天谷雨喬は一人、落ち込んでいた。
 教室には天谷以外はまだだれ一人としていない。
 天谷は机に座り、窓の曇った景色を見ながら憂鬱な心の原因について考えた。
 天谷の憂鬱の原因は昨日のクラスメイトとのやり取りの事だった。
 隣の席の彼にいきなりホームルームで突然名前を出された時はビックリした。
 そして、帰りに彼を捕まえて話した時も。
(クラスメイトの名前を覚えてないとか、やっぱりだめなのかな)
 天谷は深いため息をつく。

 天谷は人間関係を築く事に酷く不器用であった。
 それは、天谷自身のせいだけでなく、天谷の家庭環境における部分も多く関係しているが、他人はそれを理解はしてくれない。
 天谷は一人でその問題に立ち向かっていくしかない。

(あいつの名前、何て言うんだろう)
 天谷は隣の席に視線を移す。
 空いたその席は天谷の疑問には答えてはくれない。
(う、やばい、何か、頭痛くなって来た)
 天谷は両目を瞑り、机に頭を伏せた。

「お、何だ、俺が一番乗りかと思ったら、天谷か」
 呑気な声が天谷の耳に入った。
 天谷はゆっくり体を上げる。
 彼だ。
 隣の席の……。
 彼は天谷に近づくと、「おはよう」と言った。
 天谷は目を瞬かせる。
 天谷は戸惑い顔で、「おはよう」と言った。
「お前、早いのな。いつもこんなに早い訳?」
 一体どういうつもりなのか、昨日、揉めた事が嘘みたいに、彼は何事も無かったかの様に話しかけてくる。
「えっと、あ、うん。大体一番に教室に来るけど」
「そか、お前って見た目通り真面目な奴なのな」
「そうかな」
 とりあえず答える天谷に対して彼は不通に会話をする。

(なんか、こいつ、昨日とは別人みたい)

 妙な感じに天谷の心はざわついた。

「なあ、お前、ちゃんと朝飯食って来た?」
 彼はそう言って天谷の顔を覗き込んだ。
 そして彼は顔を歪める。
「なぁ、天谷、もしかして具合良くない? 顔色悪いぞ」
「ん、なんか、少し頭痛くて」
「マジかよ」
 彼は手を天谷の額に当てた。
 天谷は突然触れられた事と、彼の手の冷たさにびくりと体を震わせる。
「少し熱いな。保健室行くぜ」
「え、別にいいよ」
「良いから行くぞ」
 彼は天谷の手を引いて席から立たせる。
 天谷は彼に手を引かれたまま教室を出た。
(え、これ、どういう状況? 頭がぼんやりしてなにも考えられない)
 天谷は狼狽えるが、しかし、彼は全く平気な風だ。

 人通りのまばらな校舎の中を、天谷と彼は進む。
 時折、彼の知り合いらしき生徒が彼に話しかけてくる。

「キャー、なぁに、二人、手ぇ繋いでどこ行くのよ」
「いいトコだよ。邪魔すんなよ」
「はは、バカぁ」
「後でな」

「え、どうしたんだよ、お前、男同士で手なんか繋いで」
「んんー、コイツ、具合悪いんだってさ。保健室連れてくんよ」
「そか、先生には俺から言っとくわ」
「お、よろー」

 彼は人と話す時、ずっと笑っている。
 昨日天谷と話した時はにこりともしなかった癖に。


[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!