[携帯モード] [URL送信]

虹蛇
10p
(天谷……天谷に会いたい)
 日下部は天谷を強く思って足を早めた。
 小宮の話も綾のことも考えないようにして、天谷のことだけを思って、日下部は天谷を探した。



 日下部は、天谷にどこにいるのかを聞こうと電話とメールをしたが、天谷とは結局は連絡が取れなかった。
(あいつ、どこにいるんだよ)
 廊下を移動しながら日下部は天谷を探して辺りをキョロキョロと見回す。
 しかし日下部が、どこを見ても天谷の姿は見えない。
「日下部!」
 不意に聞こえた自分の名前を呼ぶ声に、日下部はその声のする方を見た。
 声の主は嵐だった。
 嵐は日下部に走り寄る。
「日下部、どうしたの? 小宮は?」
 嵐は息を切らしている。
 嵐は目をぱちぱち動かして日下部を見て、日下部がここにいるのがまるで信じられないという風な様子だった。
「小宮は、多分まだ一人でカフェテリアにいるよ。俺は天谷を探してる」
「え、天谷を?」
「嵐は天谷と一緒じゃなかったんだな」
「う、うん。天谷と、あと……あの子、ここまで追いかけたけど、見失っちゃってさ。でも、この階にいると思うからもうすぐ見つかるはずだけど」
「そうか、俺も一緒に探す」
「え、日下部、それはダメだよ。天谷は多分あの子と一緒だろ。あの子の気持ち考えたら、さっき自分を振った男の姿なんて今見たくないはずでしょ。アンタが一緒に来るのはダメだよ」
 嵐は真面目な顔でそう言った。
 日下部は嵐の話にハッとした顔だった。
 嵐の言う事は最もであった。
「そんなこと思いもしなかった。俺はダメなやつだな」
 日下部がしょげた声で言うと、嵐が言葉を一度詰まらせてから「そんなこと、ダメなやつなんてそんなことないよ……なあ、日下部、天谷に何か大事な用事?」と言った。
 日下部は、少し間を開けてから頷いた。
「……日下部、私が一人で、あの二人を探して見つけるから。それで、天谷にアンタのトコに行くように言うよ。だからさ、ね、ここで待っててよ。必ず天谷を連れて来るから」
「嵐……うん、頼めるか」
「任せときなって! じゃあ、アタシ、行くね。待ってて、日下部」
 そう言って嵐は日下部に手を振ると早足で去っていった。

 一人になると日下部は頭に手を当てて深いためきをついた。
(俺、何やってんだ。あの子のこと、何にも考えてなかった。最低だな) 
 すれ違う学生たちの楽しそうな顔を見ないようにして、日下部は廊下の壁にもたれかかり目を伏せる。その途端に日下部の頭の中に先程のカフェテリアでの、小宮の台詞が浮かぶ。

『……お前、綾を忘れられないんだろ? そんなお前と榎本との橋渡しなんて出来るか? お前は榎本を大事にできないだろ! 誰も大事に出来ないだろ!』

 日下部はその台詞を打ち消すように頭を横に振る。

(そんな訳ない。誰も大事に出来ないなんて、そんな訳ない)


[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!