[携帯モード] [URL送信]

Menu:Lunch 〜混合〜
とこしえに咲き誇るこいの花
〜オマケ〜
『菊さん』

「はい、なんですか? 」

『あの・・・蓮二君にお話したんです。私がトリップしてこの世界に来たこと』

「ほぉ・・・そうしたらどんな言葉が帰ってきましたか」

『「なるほどな、つじつまがあう」だそうで』

「信じてくれたんですか!? 」

『はい・・・不思議ですよね』

「でもいいことですよ。理解者を得る事は。
もし私では相談できない事でも、蓮二君なら相談できる・・・なんて内容があるかもしれないじゃないですか」

『そう・・・ですね』

「まぁ、相談してくださらない内容があることは私としては残念ですが」

『ふっ・・・。菊さん』

「はい?」

『私のこと、思ってくださってありがとうございます』

「気にする事ではありませんよ。どういたしまして」



[*前へ]

4/4ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!