[携帯モード] [URL送信]

Menu:Lunch 〜混合〜
貴方の影に寄り添う私は
名前を呼ばれたので反応するとなんと蓮二君がいた。
蓮二君も私と同じく和服を着ていた。



『あれ、蓮二君』

「蓮二、お友達かね」



たぶん蓮二君のおじい様・・・が蓮二君に声をかけた。



「はい、さよといいます」

『こんにちは』



ぺこりと会釈する。



「可愛らしいお嬢さんだ。菊さんの娘かね」

「はい、そうです。
さよ、蓮二君と別室で遊んでいなさい。
くれぐれも騒がないように」

『はい』



私は蓮二君の手をとり和室を出た。

[*前へ][次へ#]

2/4ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!