[携帯モード] [URL送信]

僕と欠片と涙の探しモノ
風紀委員長.8


『―――…っ』



耳障りだって言ってんだろ。いい加減に止めくれよ…。

誰か…九代目…





















お願いだ、俺を助けて…




















「慶」

『――――……っ』

「慶!」

『ビクッ))な、なんだよ雲雀』

「どうしたの?顔色悪いけど…」

『な、なんでもねぇよ』

「そう。其の割りに泣きそうな顔してるけど」

『Σんなっ!!/そんな事ねぇよ。俺、男だぞ』

「知ってる」

『だったらなんだよ』



雲雀が何時の間にか俺の目の前に居る?しかも所々返り血付いてるしιどんだけ手加減無しの容赦無しに撲(なぐ)ったんだよι



「…ん。」

『?? 何だ?其の手は』

「立てるの?」

『あ、あぁ…悪いな…』

「別に」

『雲雀って変わってんな』

「そう」

『あぁ』




[←][→]

8/10ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!