[携帯モード] [URL送信]

僕と欠片と涙の探しモノ
風紀委員長.6


『死ぬかと思った…』

「大丈夫かい?」

誰のせいだ、誰の

「知らない。((キパッ」

『……((ムカッ』



本当になんなんだ、こいつ。ジャポーネに来てから災難続きじゃねぇか…。

嗚呼、九代目。俺はこの先ジャッポーネで上手くやって行けるか分からないです…(遠い目)嗚呼、故郷のイタリアに帰りたい…九代目や現ボンゴレの人達とのんびりした時間を過ごしたい。

こんな事になるならイタリアで普通の"女の子"として過ごして居れば良かった…。なのに何故今、俺はこんな事になってんだ…



「ワォ、早速獲物を見つけたよ」

『そうか…良かったな雲雀』

「行くよ」

『はいはい』

「"はい"は一回」

『はい、分かりました風紀委員様((超棒読み』




[←][→]

6/10ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!