[携帯モード] [URL送信]

僕と欠片と涙の探しモノ
風紀委員長.4


先ず、何で雲雀もリボーンも読心術?使えんだよι可笑しいだろ…。



「ワォ、僕は元々だよ。それに慶にはプライバシーなんてもの要らないでしょ」

『……雲雀お前…。』

「…何」

『何でもねぇ…』



雲雀の奴……何時か絶対に跪かせてやる!プライバシーはプライバシーだろ。なのにこいつは……。



「ほら慶、行くよ」

『俺は帰る。』

「何言ってるの」

『腹減ってるから帰る』

「何言ってるのさ。行くよ((グイッ」

『Σな゙ぁッ!?』



帰ろうとしたら雲雀に思いっきり首根っこを掴まれて、グイグイと引っ張られて何処かに連れて行かれる俺。それよか…雲雀は一体俺を何処に連れて行くつもりなんだよ。

しかも…



『ちょ…雲雀!』

「何」




[←][→]

4/10ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!