[携帯モード] [URL送信]

僕と欠片と涙の探しモノ
風紀委員長.3


『雲雀、お前手加減無しだな…』

「そんな事僕には、関係無いよ」

『そ、そうかι』

「…そうさ」



雲雀って本当冷酷な奴だな…。さっきだってめちゃくちゃ楽しそうに笑ってやがった。

本当に戦うのが好きなんだな…雲雀って。



『雲雀、助けてくれてありがとな』

「……別に。僕は風紀を乱した奴を咬み殺しただけだよ」

『雲雀らしいな。じゃ、俺は是で』

「ちょっと待ちなよ」

『なんだよ…俺腹減ってんだけど』

「慶も一緒に来なよ」

『……Why!?



オイオイ、ちょっと待てよ!!なんで俺が雲雀と一緒に行かなきゃいけねぇんだよ!?俺、腹減ってると言ったよな?言ったんだよな?(←二回目)

なのにこいつは一体何を言ってんだ!



「慶の腹の具合なんて知らないよ」

『雲雀っ…お前…』



雲雀の奴…俺の心をいとも簡単に読みやがった。なんだよ、雲雀もリボーンもプライバシーってもんを知らねぇのかよ…。




[←][→]

3/10ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!