[携帯モード] [URL送信]

SSS
絡めてみよう(土沖←万)
 

土方と総悟が部屋でお茶でも飲んでいるとどこから入ったのか、突如万斉が現れた。


「お、沖田殿!!沖田殿に捧げるラブソングが出来たでござる!!聴いて下さい、『君にナニをブチ込みたい』」


ドーンッ!!!!


1音も弾けず、2人にバズーカをくらう万斉。まぁ題名が題名なんでしょうがないかもしれないが。


「ケホッ!ゴホッ!!そ…そんなに嬉しかったかマイハニー!!」

「誰がハニーだコノヤロー!!」

「沖田殿の属性は『ツンデレ』!!故に嬉しさの余りバズーカを撃つのは予想の範囲内。拙者、沖田殿のお気持ちしかと受け取った!では改めて、聴いて下さい『君にナニを…』」


ズドーン!!ズドーン!!!


マジで撃つ土方と総悟。この2人、本気で万斉を殺るつもりのようだ。


「死んだか?」

「死んだんじゃねぇんですかぃ?こんな至近距離だし、火力も強めに…」


煙の中、パシッと足を捕まれた総悟は思わず「ぎゃっ!!」と叫ぶ。

あの男、死んでないようだ。


「ゼェ、ゼェ、拙者、痛い愛も好きでござる。沖田殿の為ならMになれるかもしれん!」

「な、何で生きてんでさぁ!ゴキブリ並みのしぶとさでぃ。痛いのはテメェの頭だ。とっとと放しやがれ!!」


総悟、本気で引いている様だ。
恋人のピンチ(?)に彼氏が黙ってるはずかない。


「おいテメェ!!俺の総悟に触んじゃねぇよ。こいつに触っていいのは……」


ドカーン!!


「Σブッ!!」


まさかの土方に発砲!!


「だ、誰が"あんた"のでぃ///」


どうやらツンデレが発動したらしい。『俺の総悟』発言が嬉しかった様だ。

土方は倒れたまま万斉に話しかける。


「な?あれが本当のツンデレだ。お前のとは違う訳。あれは本気で嫌がってたんだよ。」

「何を言う!『嫌よ嫌よも好きのうち』!」

「それは俺限定。お前の場合は嫌なモンは嫌なんだよ。てな訳で帰れ。」

「ふむ、あの曲が気に入らなかったか…。では次の作品を考えて来よう。う〜む、曲は題して『お前のバージン俺にくれ』でどうでござろう。」

「お前……もう死ねよι」



万斉のアタックはこれからも続くのでした。








おわり

キャラ崩しが実は好きなアゲハです☆

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!