[携帯モード] [URL送信]

SSS
絡めてみよう(土沖←高)
 

今日はお祭り。


勿論お祭り好きの総悟はそれに参加するわけで


「土方さん!イカ!焼きイカ買って下せぇ!!」

「……ι」


さっきから土方の財布が急激に軽くなっていく。


「ねぇ、今度はソフトクリーム食べたい!」

「はぁ!?まだ食べんのかよ!」


育ち盛りの総悟に屋台の1つや2つで足りるわけがない。
どうこう言いながらも財布の紐を緩めてしまう土方も土方だが。


「ん、これウマイでさぁ。食べたい?やらねぇけど。」

「いらねぇよ。そんなガキの食い物。」


境内を歩いていると急に2人の前にある男が現れた。

それはあの過激攘夷の中でも特に危険な男、高杉晋助だ。


「よぉ、お二人さんこんな所で何……」


格好よく現れたまでは良かった。

だがタイミングが悪かったらしく、総悟がコケたのと高杉の登場はほぼ同時。

総悟は片足で支えて転びはしなかったが、なんとさっきまで食べていたソフトクリームが勢い余ってポーンと飛んでしまった。



ベチャ……



それがあろうことか高杉の股間に。


「「「・・・・・・・・・。」」」


暫しの沈黙…。


「テメェ何しやがんだコノヤロー!!」

「ププッ!」

「俺の…アイス…。」


高杉が怒り、土方が笑い、総悟が悲しそうに高杉の股間を眺める。


「ちょっ、何でこいつこんな悲しい顔してんの!?悲しいのは俺だよ!!?何が悲しくて股間にアイスぶっかけられなきゃなんねぇんだ?これは何だ?何プレイだ?」


だが総悟は悲しそうな顔して股間から目を離さない。


「ちょっ、いつまで見てんだコノヤロー!流石に恥ずかしくなってきただろ!見てんじゃねぇ!」

「俺の…アイス…。」

「お前と俺、どっちが可哀想かって言ったら俺だからね!そんな悲しそうにされても実際お前の倍俺の方が可哀想だからね!!」


高杉、今更だがキャラが崩れている。これも着物が汚れてしまった事への悲しみからか、はたまた総悟に股間を視姦されて恥ずかしいのか。

※一応言っておきますが、これは沖田受けです!!



「総悟、また新しく買ってやるから。あのアイスは諦めろ。場所が場所だ。」

「何だその言い方!!まるで俺が悪いみてぇじゃん!俺の股間が悪いみてぇじゃん!!俺被害者だからね!!」

「わかりやした。また買いに行きやしょう。場所が場所ですからねぇ。」

「だ〜か〜らぁぁ!!!(怒」


2人は怒っている高杉を全く無視し、また屋台の方に歩いて行った。


「おい、どうすんだコレι股間に白いの着けて帰れねぇぞι」


可哀想な事に高杉は一時境内から出ることができませんでした。

哀れ高杉!!




おわり


高杉のキャラ崩してごめんなさい

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!