[携帯モード] [URL送信]

もういっそ壊してくれ
9


 気がつけば生野を乱暴に押し退け

 振り向きもせずに公園を去っていた。


 振り返らなかった。

 だから生野がどんな表情で、どんな気持ちで俺を見送っていたのか分からずにいた。


 何も知らなかった。


 苦し気に顔を歪め、佇んでいたなんて−−−想像すら出来ないでいた。


 それを理解出来たのはずっと、ずっと先だったんだ−−−−−。





[*back]

9/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!