[携帯モード] [URL送信]

もういっそ壊してくれ
8


「もう別れようぜ」


 俺は人事のようにさらりと言ってみた。生野の表情は見えない、むしろ顔を見るのは堪えられない。

 そして影から生野の靴先へと、視線を移した。


 重苦しい静寂が、生野が息を詰まらせたのを知らせる。


「おい…こっち見ろ。


下ばっか見るな」


 それは蔑むような低い声だった。


 そして見つめていた足先が、一歩また一歩と近づいてくる。


「来んな…!!」


 無理に絞り出した声は微かに震えていた。


 …ドン−−ッッ


「!!…ってぇ…」


 枯れた銀杏の木に、無理矢理押し付けられ背骨が痛んだ。閉じた瞼を上げ、面前の男へと鋭い眼差しを向ける。


 生野のギリギリとした刺すような眼光が、俺を捕まえ離さないでいた。


 肩肘で首を固定されれば、逃げるなんて出来なかった。


「く、…は…なせッ…!!」


 俺は喉仏への圧迫から逃れようと肘に両指を立て抗ったが、びくともしない。


 そして浅い呼吸だけを続けていると咳き込んでしまい、同時に吐き気をもよおした。胃の中のものが逆流しそうな悪心に必死で堪える。


「…ぐはっ、…ぅぐ…」


 その苦しさで目の端に涙が溜まり、そこでようやく力を抜いてくれたが、拘束は解けないままで逃がす気はなさそうだった。


 今まで何度となく生野を見つめてきたが、こんなに切ないと感じ入ったのは初めてかもしれない。


 違いの高ぶった吐息が耳障りだ。


「お前の、好きはそんなもんか?」


 生野は俺を見据えながら低く唸った。


「ぅ…っせぇ…退、けっ」

「答えろ…っっ!!
付き合いたいって言ったのはテメェだろうが…!!」


 その容赦のない罵声は公園中に響き渡った−−−。



−−じゃあなんで俺を


−−大事にしてくんなかったんだよ…



−−生野







[*back][next#]

8/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!