[携帯モード] [URL送信]

もういっそ壊してくれ
7


 俺たちは高校から数駅南下した駅付近の公園にいる。メールで生野を呼び出し、終了式を済ませ制服のままで到着すれば、相手は時間厳守で待ち合わせの場所に現れた。


 もっと待たされるか、最悪の場合来ないかもしれない、と考えていた俺は予想を裏切られ苦笑した。


 この季節はまだ寒い。外気に晒した肌は空気に触れるとチリリと痛み、心なしか吐き出す息も白いようだ。


 明日から春休みだが、浮かれた気分にはなれなかった。その原因は既に理解済みだった−−−。


「寒ぃから早く言えよ。用件ってメールじゃダメだったのかよ」


 呼び出しておいて一向に口を開かない俺に、生野が焦れだした。幼稚園児ほどの男女が手を繋ぎ傍を走り抜ける。


「…聞こえてるよなあ」


 怒鳴るまではいかないものの、生野のその言葉は確かな怒気を含んでいた。


 近くに木製のベンチがあったが、俺が座らないせいか生野も立ったままだった。足元から生えた二つの長い影を見る。


 それから一度目を伏せ

 ゆっくりと瞼を上げた。






「あのさ生野、
もう




別れようぜ」





[*back][next#]

7/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!