[携帯モード] [URL送信]

もういっそ壊してくれ
6


 自分だけが恋い焦がれているみたいだった。

 まるで一人相撲。

 笑えない道化師。


 惨めで、あまりにも滑稽で涙も出てこない。


 残酷なのは俺か、お前か。


 どこまで俺を沈める気?


 寂しかった、いつからか淋しくなった。


 魅力的だと憧れたあの瞳が、あの雰囲気が、残虐な凶器に変わったような気がした。


 俺をただ傷つける。


 近づきたくても、いつも拒んでいるように見えた。


「お前なんか好きじゃない。本当は」そう言われている気がした。


 生野は俺を決して見ていないと思った。


 誰からも愛される生野。

 誰もが生野にため息を漏らし崇める。


 そして恋人という曖昧な関係の中で、誕生日や趣味、嫌いな食べ物さえ知らない自分に心底落胆する。


 そうしていたら


 しらけている俺自身に気づいた。



 なんか、もう一緒にはいられない。



 終わりを告げる音−−−。




 終焉のベルが鳴り止んでくれないのだ。





[*back][next#]

6/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!