[携帯モード] [URL送信]

もういっそ壊してくれ
3


『あたし、るぅのこと好き』
『好きだよ、滝沢くん』
『好きです。滝沢先輩、付き合ってください』


 初めてキスをしたのは小6の卒業式、セックスは中1の夏休み、それぞれ違う女の子だった。


 だが自分から告白をした経験は一度もなかった。

 甘い誘いはいつだって相手から。告白も、メールも電話も−−。


 付き合っていた相手に愛情がなかったわけではない。可愛いと思ったし、みんなそれなりに好きだった。目の前で泣かれれば自然に抱きしめ、落ち込んでいれば気の済むまで相談に乗ってあげたかった。


 デートを重ね、来るべき時が訪れ、別れる、を繰り返す。


−−生野が同じ男じゃなかったら…

−−もっと、楽だったかもしれない


 こんなに振り回されるのも、心が疼くのも俺には免疫すらない。


 どうしていいのか、よく知らないでいる。


 自分に余裕がないことは確実に分かるのに−−−−−。





[*back][next#]

3/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!