[携帯モード] [URL送信]

もういっそ壊してくれ
9月1日  *男子高生の噂話*1


「さて昨日で夏休みが終わったワケだが。諸君らはどうだったかな?」

「なんにもなかった聞くな」

「平凡な毎日を送ってますた」

「同じだな」

「!!!っおい、あれあれ」

「ああぁっ!!!!!
見事復活された生野様と滝沢くんじゃんっ!」

「「「「「「「うぉぉぉおお」」」」」」」

「おい貴様ら。よく見ろ…
生野さすがだわ、事故前よかイケメンスキルに磨きがかかってる。
滝沢も相も変わらす美人だぜ…」

「な、ないすかっぷぅ…」

「はいはい、癒されますねぇ泣けますねぇ。苦難を乗り越え、今や学校公認美男美女カップルがラブラブ下校。
…くそがっ、嫉妬で死ねるレベル…っ」

「うらやまぁ」

「最初、生野が男もイケるって聞いて盛り上がったけど、付き合ったのは美人滝沢と男の娘ちっくな河合だったね。
あれっ俺たちの価値って…」

「結果、
また滝沢選んだし」

「好きだからでしょうよ…
察しろ」

「好きだからぁ?あの生野が恋なんて似合わねーての。
孤高の狼。神。イケメン。セクシー。イケボ。ツンドラ。とにかく凄い男。イケメン。100年に一人の逸材。
そんな人間国宝級が滝沢 留亜に惚れたぁ?
たしかに滝沢も中性超絶美人だ、それは認める。
けど、けどよ、生野が誰か一人のもんなんてアンフェアだろ!ほんとはみんな悔しいんだろーがっ!」

「やめろアホ。
誰も意義なし文句なしなんだよ。

てかもう…手出しできない……」

「だね。彼ら、あんだけの目に遭って誰が邪魔できんだよ」

「「「「「「「知ってる」」」」」」」

「我が校三大美形の、後世まで語り継がれるだろう逸話。
滝沢も河合もいやぁ凄かった。

で…生野だけは平常運転でスルー」

「ツンドラは基本、感情を顔には出さない。

滝沢が親衛隊らへんにガンガンヤられて、内心は激おこ状態だっただろうに……」

「だからさあ。
手出し出来ないレベル。
もうね、触っちゃダメなの」

「陰で噂するのも、気が咎めるレベル。これ豆な」

「ほぉんと凄まじかったよな…
…あの三人…」

「河合も鬼みたいに人が変わって…メンタル大崩壊。突然のキャラ変。不登校。

人気者滝沢は虐められっ子に大降格。全校生徒から虐待を総受け。

生野なんか昏睡状態で植物人間寸前までなったんだぜ…?

波乱万丈すぎだろ。


…みんな、

それぞれ苦しかっただろうよ……」

「やべ涙が…」

「乗り越えたんだよ、あいつら…


すげぇよ…ただただ感服」


「「「「「「「……うん…」」」」」」」




[next#]

1/2ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!