[携帯モード] [URL送信]

もういっそ壊してくれ
2


 180を遥かに越える高身長、伏し目がちだがハッキリとした二重の瞳がまるでビー玉のようにキラキラと光りを放つ。


 鼻筋の通った高い鼻、ちょっと赤みのある形の良い唇は薄く艶めいていた。


 漆黒のショートの髪はプロのヘアメイクアーティストがセットしたかの仕様。


 右側のイヤーロブには天然石だろうか、濃い青色のピアスが輝く。


 そして今日初めて袖を通したはずの制服は着崩しただらしなさはなく、ネクタイを軽く緩ませた程度で嫌味を感じさせない。


 皆が生野に見入った。

 綺麗な男を。

 完璧すぎる容姿の生野に

 皆が目を奪われている。


 俺も例外ではなかった−−−。




[*back][next#]

2/13ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!