[携帯モード] [URL送信]

Material
鋼×銀魂 4

少年は鎧と顔を見合わせた。

「……まあよくわかんねえけど……直すか。」

「そうだね。」

二人はそう言って頷くと、辺りに散らばっている木材を集め始めた。

「ちゃんと元通り綺麗にしますんで安心してください」

アルフォンスの言葉に銀時が静まる。

新八はとりあえず危険人物ではなさそうだと警戒を解いて、二人の元へ駆け寄って手伝い始める。


「……よし、こんなもんか」

手に付いた木材の欠片を払いながらエドワードは立ち上がった。

「じゃあこの袋に集めた木材入れてください」

妙に慣れた様子で新八がゴミ袋を差し出す。

しかしアルフォンスはそれに首を振った。

「……?」

新八は首をかしげる。

その隣で腕を回しながらエドワードが笑った。

「これがねえと直せねえからな」

「……え?」

新八はエドワードの言葉にポカンとした。

「これを材料にするんですよ。」

そんな新八にアルフォンスが説明した。

「い……いやいやいや!!無理でしょ!!いや、無理でしょ!!え?だって普通の木材あっても簡単なことじゃないのに!?」

新八は盛大なツッコミを炸裂させた。そんな新八の様子にエドワードは苦笑いする。

「それが出来るんだよ。とりあえず、下がって見てなって」

そう言ってエドワードは両手を胸の前に出した。

アルフォンスは新八を安全な場所まで下がらせる。

パンッ

軽やかな音を響かせてエドワードは手を打ち合わせた。

そしてその掌で木材の破片達に触れる。


バチッ


静電気が弾けるような音が響く。

それと共に蒼白い電流が木材をかけ上がり、天井まで走った。

「え!?」

「うおぉ!?」

「何アルか!?」

それぞれが突然の光に驚き、腕で瞳を庇う。

……エドワードとアルフォンスを除いては。


「−−−−終わったぜ」


少年の声が部屋に響いた。

銀時が恐る恐る目を開ける。

「……は?」

銀時の目には、昨日までと変わらない天井が写っていた。

いや、むしろ昨日までより綺麗になっているかもしれない。

銀時以外の二人も驚いて目を丸くする。

「えええええ!?なんでえ!!?」

真っ先に新八がツッコミを入れた。

エドワードは得意気に唇の端を上げる。

「ま、こんなもんだよ。」

しかし銀時はそんなエドワードを睨んだ。

「幻覚で惑わそうったってそうはいかねえぞ!!お前ら手品師なんだろ!!?そうやって騙すのが得意なんだろ!!残念だったな!!こんな小手先の嘘じゃ銀さんはだまされません!!」

そんな銀時にエドワードは溜め息を吐いた。

「じゃあ触るなり何なりして確かめたら?」

そう言われて銀時は奥から台を持ってくる。

その上に乗ると恐る恐る天井−−−−エドワードとアルフォンスが壊した辺りを触れてみた。

「ほ……本物だ……!」

己の見た現象が現実だと突き付けられて愕然とする。


「お前ら……何物だ……?」


ひきつった顔で銀時が尋ねると、エドワードは答えた。


「俺達は錬金術師だ。」


[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!