[携帯モード] [URL送信]

Material
魔法×海賊14
「敵襲だ!」

パイプ菅から敵襲を知らせる声が響き渡り、それと同時に船が大きく揺れる。船が右に旋回しているらしく、体が左へと持っていかれた。バランスを失い椅子から体が放り出される。床に叩きつけられる未来を予想し、咄嗟に体を丸めて頭を庇った。

しかし私を襲った衝撃は、予想よりずっと小さなものだった。

閉じてしまっていた目を開けると、私はイゾウの胸の中にいた。

「大丈夫かい、嬢ちゃん」

驚きで固まってしまったが、イゾウの言葉で我に返る。

「あ、ありがとう、大丈夫よ」

慌ててイゾウから離れ、姿勢を正した。そんな私に「そりゃ良かった」と声をかけながら、イゾウは腰から銃を抜く。彼が両の手に銃を納めた途端、私の背筋を悪寒が通り過ぎた。思わず私は両腕で自分を抱き締めながらイゾウを見上げる。

イゾウの紅い口元は、綺麗な弧を描いている。しかしその笑みは先程までとは異なり、獲物を見つけた獣のようだった。

船に轟音が数回鳴り響く。恐らく大砲か何かをこちらが撃ったのだろう。イゾウは立ち上がると記録室の扉を足で乱暴に開けた。そのまま部屋を出ていくイゾウに、どうしたら良いか分からず、とりあえず後を追う。そんな私にイゾウは甲板の方へ意識を向けながら、甲板とは逆方向へ片手を伸ばした。

「嬢ちゃん、食堂はどこか……覚えてるな?」

その言葉に、私は静かにうなずく。

「俺達16番隊は午前中は『掃除当番』だからな、仕事をしなくちゃなんねぇ……が、そこまで嬢ちゃんを連れてく訳にもいかねぇからな。悪ぃが一人で食堂に行ってくれねぇか?」

「分かったわ」

好き好んで戦場へ行くつもりもないので、素直にうなずく。甲板の方から雄々しい雄叫びや発砲音が聞こえてくる。再び船が不自然に揺れ、私は壁に手をついた。

一瞬「この船が沈んでしまったら……」という最悪の未来が頭をよぎる。船の上に、逃げ場はない。

「万が一にも、この船が沈むことはねぇ。安心して待ってな」

私の考えを読み取ったのか、イゾウはそれだけ言うと甲板へと駆けていった。

イゾウと別れた私は、素直に食堂へは向かわず、全く違う道を走り出す。

(敵襲に遭っている今なら、混乱に乗じて杖を取り戻せるかも)

多分杖はマルコが管理していると思う。私のことは彼に一任されているらしいから。私はまず彼の自室を探しだそうと、与えられた寝室のある居住区域へと走った。

途中何人か知らない海賊とすれ違う事はあったけれど、居住区域へ近づくにつれて人も少なくなっていった。敵襲に遭っているときに、わざわざ寝室に戻る人はいないのだろう。

遠くから怒声や金属音が聞こえ、時折大きく船が揺れる。それらから、まだ争いは続いているらしいことを確認する。しかし、いつ人が来るかもわからないので、転ばぬように壁に片手をつきながらも、必死に足を早めた。

居住区へたどり着き、近くの扉を適当に開く。中をみると2段ベッドが四つ並んでいて、相部屋であることが伺えた。

(隊長が相部屋なわけないわよね)

そう思って扉を閉じる。隣の部屋を開けてみても同様な相部屋だったため、この一帯は相部屋ばかりなのだろうと察する。扉を閉じ、さらに奥へと走り出した。自分の部屋も通りすぎ、さらに奥へ奥へと足を進める。外の怒声はどんどん遠退き、私の足音ばかり大きく聞こえる。

(偉い立場だし、一番奥の部屋かしら)

この区域ではないとも考えられたが、もしそうなればこの敵襲の間に探し出すことは難しい。

そんなことを考えていると、突き当たりにたどりついた。突き当たりとは言うものの、壁ではなく突き当たりそのものが巨大な扉になっており、その奥に部屋か、もしくは通路があることがわかる。

「ここ……?」

扉を押してみると、重みはあるもののちゃんと動く。鍵はかかっていないらしい。この先にあるのが通路だった場合、これ以上進むことは戸惑われる。しかし、部屋ならば探してみる価値はある。

(少し覗いてみて、通路なら入るのをやめよう)

そう決意し力を込めて扉を押した。重い扉はゆっくりゆっくりと動く。細い隙間からかい間見えたのは、大きな部屋だった。アタリだ、と思い、自分が通れるだけの隙間を開けようとさらに力を込める。

唐突に、扉が軽くなった。

突然の出来事に対応しきれず、込めた力のやり場を失い、前のめりに盛大に転ぶ。

何が起きたのか理解できず、打った膝をさすりながら起き上がる。そんな私が最初に見たものは、扉を片手で押さえながら私を見下ろす、白い口髭を携えた大男だった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!