[携帯モード] [URL送信]

Material
忍たま×復活 転生二重人格・成り代わり スレキャラ多数


どうもこんにちは、沢田綱吉です。

ダメツナと呼ばれて早幾年……今日も必死にダメツナライフを送ってる。

そんな俺には……自分がダメツナって事以外に、悩みがある。

それも二つ。

一つはまぁ言わずもがな、イタリアンマフィアのボス云々や、そのため送られてきた暴力家庭教師云々……まぁ人に相談できないかなりな悩みなわけだけど……

もう一つの悩みも実は人に相談できない悩み。

……それは一体何かって言うと……


実は俺には俺以外にもう一つ―――『池田三郎次』という人間の人格がある。


三郎次いわく、彼は戦国時代の忍者だったらしい。

4〜500年前に戦で死んだはずの三郎次は、気が付いたら俺と身体を共有していたらしい。

マジで色々と理解の範疇越えてるよ……。




僕の右目には六道の能力が詰め込まれています。

六道を巡ったこの右目は、忌まわしいマフィア共の業であり、マフィアを潰すための僕の最大の武器でもあります。

六道を廻った右目には、六道の記憶が存在し、その中には当然人間道の記憶も存在します。

右目に詰まっている人間道の記憶は、まだこの瞳が何の力も持たなかった時の記憶。戦と血と裏切りに包まれた、最も醜悪に満ち溢れた記憶。

もう何百年も昔の……しかし、決して薄れることのない記憶。


『立花仙蔵』という少年が、死の渦巻く世界を歩んだ記憶。


唯一僕に影響を与えてくるそれは、最も愛しく、そして忌まわしい記憶。

大概の事は楽しめる性分ですが……正直この記憶の扱いだけは面倒なことこの上ありません。




私の名はロンシャン・トマゾ。

前世の名を鉢屋三郎。

かつての私は乱世を駆けた忍び。

そして今の私はトマゾという一家を締める、次期頭。

人間というのはいつまでたっても変わらぬらしく、

薄っぺらい平和の裏にはやはり醜い争いが繰り広げられている。

今生もまた殺しやら裏切りやらぐちゃぐちゃとした人生だが……

まぁせっかくの二回目の人生なのだ、せいぜい楽める限り楽しませてもらうとしよう。




この世界に生まれ変わってからというもの……どうもイライラする事が多くなった。

特に―――大して強くもない草食動物達が、群れて弱いものイジメしてるのを見たとき。

ああいう群れを見ると目の前が赤くなって、気付くとボコボコにブッ潰してることが多い。

この世界は長い時間をかけ、やっと平和となったと言うのに……その代償に人の心は腐ってしまったらしい。

平和の上に胡座掻いているくせに、意味もなく他人の平和を壊す『群れ』

イライラする。

他人は僕を獣のようだと言った。

ハッ、獣上等じゃねぇか。

くだらないこと繰り返す草食動物は僕が『噛み殺し』て分からせてあげる。

暴力を暴力で解決させるなんざ気に食わねぇ?

あいにくだけど僕はこのやり方しか知らなくてね。

俺のやり方に文句があんならかかってこい。

現・風紀委員長、雲雀恭也

元・戦う用具委員長、富松作兵衛

この俺が―僕が―相手してやる―あげる―。


[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!