[携帯モード] [URL送信]

Material
復活×『ディスラレ屋』



並盛の裏通り

静かにたたずむ貸ビルの一室

部屋で繰り広げられる異端な商売


〈ディスラレ屋〉


年若き店長による店

始まる時間は午後8時から

客に必要なものは金と口

店に必要なものは店長のみ

ここは店長を罵る〈ディスる〉ための店

「まずはこちらにお座りになって、氏名と年齢、ご職業を。初めてのご来店ですので、三割引で御利用頂けます」



「まだ続けてたんだ」

店に訪れた一人の男。

彼は客ではなく、店長の知人。

「ええ、儲かるんで」

店長はそう言ってニコリと笑う。

男は心底理解できない、と言いたげな顔をした。

「こんな仕事が儲かるなんて、世も末だね」

男がそう言うと店長は「そうですね」とまた笑う。そんな店長の様子に男は眉間にシワを寄せた。

「そんな顔しないでください。はい、これショバ代です」

店長は男に封筒を渡す。男は中身を確認すると、再び店長に目を向けた。

「ふぅん、儲かってるってのは嘘じゃないんだ。まあいいや、これは貰ってくよ」

そう言って男は出口の方へ足を向ける。

「たまには客として来てくださいね、雲雀さん」

「絶対お断りだよ、沢田綱吉」


[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!