[携帯モード] [URL送信]

Material
遊戯王×忍たま

「……俺様達死んだはずだよな……?」

「俺は確実に死んだぜ」

「相棒ーーー!!」


「……王サマに負けた後、きっちりかっちり消滅したはず……だよなあ?」

「情けない最期だな」

「もう一人の俺よーーー!!」


「……っだああああ!!うるせぇぞ王サマ!!今俺様は状況整理で忙しいんだ!」

「お、木の実発見」

「お前も勝手に動くなあああああ!!」


<なんかトリップしちゃったよwith遊戯王>


「まず、なんでバクラが二人いるんだ?」

紅葉を思わせる珍妙な髪型につり上がった瞳の少年……もといアテムは首をかしげながら、自分と一緒にこの場にいる二人を見る。

「知らねえよ」

長い銀髪の少年−−−バクラは不機嫌丸出しにそう応える。

「俺様も気付いたらここにいたしなあ」

肩口より上で切り揃えられた銀髪に、褐色の肌を持つ男−−−盗賊王バクラはボリボリと頭を掻いた。

「同じバクラなのに違う反応なんだな」

感心したようにアテムが言うと、白いバクラが「当たり前だ」と言った。

「ユーギから聞いてねえのか?俺様は確かにそこの盗賊王を元に出来ているが半分は邪神ゾークなんだよ」

イライラを隠さずに言うと、アテムは納得したように頷いた。

「ま、王サマに負けたせいでゾークの意思は消え、力は使えなくなったがな」

そうだろ?と盗賊王が口端を上げて言うと、バクラは悔しそうに顔を歪めた。

「盗賊王の方は俺に敵意を出さないんだな?」

そう尋ねると、盗賊王は面白そうに口を歪める。

「まあな。邪神が消えたからか、ディアバウンドが消えたからか、知らねえが、今はてめぇに殺意は湧かねえな」

そこまで言って、バクラの鋭い声が間にはいる。

「今はそんなことどうでも良いだろ!!ここはどこなんだ!」

三人は、現在森の真っ只中にいた。

「明らかに冥界じゃあねえな」

盗賊王がそう言うと、バクラはガシガシと頭を掻きむしる。

「そもそも俺様は冥界に行ける存在ですらねえぞ!」

しかし考えても答えが見つからない。

とりあえず移動してみるか、と適当にそこらを歩き始めた。



歩き始めて、一時間。

「…………」

「…………」

「…………」

三人は純日本を思わせる屋敷の門の前にいた。

「とりあえず……ここがどこの国かはっきりしたな」

(……まあ気候からしてエジプトじゃあねぇだろうとは思っていたが……)

バクラは目の前の立派すぎる門には唖然としていた。

「相棒がやっていた戦国時代のゲームに出てきた屋敷みたいだぜ!」

アテムは遊戯のやっていたアクションゲームを思い出す。

「盗みがいがありそうな屋敷だな」

盗賊王だけは日本家屋自体がわからないため、的外れな感想を漏らしていた。


「あの〜」

突然、後ろから声をかけられる。

振り向くとそこには忍者服を着た青年が立っていた。

「忍術学園にご用ですかぁ?なら入門表にサインくださぁい」

そう言って紙と筆を差し出してくる。

アテムは何も考えずに受け取り、サインを書こうとしたが、それはバクラの叫びにより遮られた。

「忍術学園って何だよ!?」


全くもって正論な叫びだったが、アテムも盗賊王も『忍術』の言葉に言われてからやって気付いた。




[次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!