[携帯モード] [URL送信]

短編
俺にも【おお振り/泉】
それはとある日のこと。


『ハマちゃーん!!』





『ハマちゃーん!!』


……


『ハマちゃーん!!』



………




「……なあ、さくら」

『ん?どうしたの泉』




「呼び方…」

『へ?』

「…俺への呼び方変えてくんね?」

『何で?』



何でって……


「浜田はハマちゃんなのに俺は泉だし…」

『んー……」



あ、考えてんな。




『あっ、"いじゅみ"とか"いずにゃん"とか?』



…コイツは何言ってんだ。


グイーッ


『いはいいはいふいはへんへひは!!(痛い痛いすいませんでした!!)』



俺はさくらの頬を思いっきり引っ張る。


さくらが謝ると手を離した。



『いった〜…』

「ちゃんと考えろ」

『んー……じゃあ孝介!!』

「!?///」



正直驚いた。まさか名前になるとは。

しかも下の名前で。



「…それでいい///」

『…顔赤いよ?どうしたの?』

「何でもねーよ///」




それからさくらは俺の事を名前で呼ぶようになった。


…田島に色々聞かれたが。






でも嬉しいからいいか。

Next

1/10ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!