[携帯モード] [URL送信]

GAME紹介
FF[
【作品名】
FINAL FANTASY [
【ジャンル】
RPG
【対応機種】
PS
【対応人数】
1人
【ストーリー】
ガーデン、そこはプロの兵士養成学校。
「SeeD」、生徒の中でも高い能力を持ち、戦闘支援などの任務を少数精鋭でこなす傭兵のコードネーム。
生徒達は、それぞれの将来を目指し、日々を送っている。


目覚めると、そこは保健室のベッドの上だった。
そういえば、先程の訓練でサイファーに卑怯な手を食らって運ばれてしまったようだ。

「大丈夫かい?スコール」
保健室の医務担当のカドワキ先生が、呆れ顔で尋ねる。
しばらくして、担任のキスティスが迎えにきた。

「もぅ、絶対あなたか、サイファーだと思ったわ!」

サイファーという言葉にに、今朝奴につけられた顔の傷が痛んだ。

「スコール。あなた、課題がまだだったわよね?これから、炎の洞窟へ行くわよ。引率は私」

今日は、SeeDの実技試験の日。

受験資格を得るため、2人は炎の洞窟へ向かった。

課題は、人ではない強靱な力を持つ者「イフリート」の入手だったが、彼にとっては楽なものだった。

「さすがね。あなたとサイファーだと引率も楽だわ」


課題終了後、いよいよ試験の組み合わせが決まった。

試験はドールで行なわれている、ガルバディア軍と戦っているドール軍の援護を各班3人ずつに別れ任務にあたるとのことだった。

広場でキスティスがメンバーを発表している。

「スコール。あなたのメンバーはゼル・ディン。あの賑やかな彼ね。」

ゼル・ディン、口より先に体が動くうるさい奴だ…

「よぉ、スコール!お前と同じ班か、よろしくな!」

「……」

「何か言えよ!そういえば、お前今朝サイファーと喧嘩してボコボコにされたんだってな。あんな奴、相手にしなければいいんだ!」

言いにくそうにキスティスが口を開く。

「で、班のリーダーなんだけど…その、サイファーなのよ」

今思えば、あれが全ての始まりだったのかもしれない。
これから世界を巻き込む戦争が起きることなど、あの時の俺たちは知るよしもなかった。
【感想】
初FF紹介は8作目!
毎回新しいことに挑戦しているスクエアさん。
前作が初ポリゴンで、今作はキャラが8頭身!

さらにCGレベルがかなり上がった!オープニングの画質は、当時としては衝撃の綺麗さだった。
しかし、このゲームはFFシリーズの中では、あまりいい声を聞かない。
それは思うに、「遊ぶゲーム」から「見るゲーム」への第一歩だったから。
それと、システムが今まで同様、ただレベルを上げればいいというシンプルなものではなく、かなりの異形なものだったからかもしれない。

しかし、ストーリーは今までよりもグッと現実に近く、各キャラの織り成す人間ドラマは考えさせられるものが多い。
ストーリー設定が細かいことが、ゲームの映画化という「見るゲーム」になっていったのではないか。
とまぁ、色々語ってはみたが、普通にいい作品なので是非やってもらいたい。
今作からテーマソングが導入された。
フェイウォンさんの「アイズオンミー(Eyes On Me)」。クリアしてから歌詞の日本語訳を見ると鳥肌もんだった(涙
やりこみ要素も結構あるので、是非隅々まで遊んでほしい作品です!!
【やり込み】
・スコールのステータスMAX(未ジャンクション時)
・初期レベル、武器改造封印、お金MAX(99999999G)クリア
・ドロー封印、魔法封印、ショップ封印クリア
・キャラ&GF初期Lv、ドロー&カード封印クリア


[前へ][次へ]

無料HPエムペ!