[携帯モード] [URL送信]

GAME紹介
MGS3
【作品名】
METAL GEAR SOLID 3
ーSNAKE EATERー
【ジャンル】
3Dアクションアドベンチャー
【対応機種】
PS2
【対応人数】
一人
【ストーリー】
1962年10月16日。
ソ連はキューバに核ミサイルを米国に向け配備、世界は一触即発の冷戦時代へと突入。世界を巻き込んだ全面核戦争という緊迫した空気が漂っていた。

米国の必死の説得の末、28日、ついにソ連はキューバから撤退。「キューバ危機」という冷たい空気は凍り付くことなく緩和していったのである。

緩和にあたって、ソ連は米国に何を要求したのか。

ソ連の要求。
それはアメリカへ亡命したたった一人の科学者の返還。

米国は要求をのまざるをえなかった。

ソコロフ。
ソ連の宇宙開発の権威。後に兵器開発の局長に就任。しかし自分の開発した「悪魔の兵器」に恐怖し、開発を捨て家族を連れアメリカへ逃亡した、が…

ソコロフは何を造らされていたのか。


1964年8月。
ソコロフが造らされていた兵器の危険性に気付いたCIAはソコロフを奪還するため、彼のいるソコロフ設計局へ、隠密部隊『FOX』を送り込んだ。

設計局付近に到着したFOXの隊員、コードネームを『ネイキッド・スネーク』。

彼の任務は単独で潜入し、ソコロフを無事保護すること。

自然を生かしたステルスミッションが今、始まる!

【感想】
まず一言。すごい!!
MGSは3デビューな俺。
ここまで精密に造り、描かれているとは…
恐るべし。
前作までと違って、レーダーマップがないので、見て、聞いて、隠れて、誘導して、倒すという感覚がかなり増した!よりリアリルな内容に!


一応MGSは全作プレイしたけど、やっぱ俺は3が好きだな(笑
アクションの多さ(エルード撃ち、飛び出し撃ち、ローリングなど)、カメラアングルの多さ(ビハインドカメラ、主観カメラ、R3ボタンの周囲カメラなど)、ストーリー、テーマソング、迷彩服&フェイスペイントによるカモフラージュ率、CQC…
遊び要素もかなり多いので、知り尽くすのは容易ではないでしょう。

・前作との違い
ローリングが攻撃的になった、レーダーがない(一応2から約50年前の話ですから)、主観中にタクティカルリロードが出来る、R3ボタンで視野が広がる、スネークにもスタミナゲージがあり途中食物を採って食べて回復しなければならない、カモフラージュ関係、エルード撃ち、サプレッサーが消費物に、CQCでさまざまなアクションが可能に、敵に犬追加(笑

この作品をやってから、迷彩に興味をもった(笑
しかし何と言っても、カモフラージュ機能により、張り付きや、ほふくの利用価値がさらに増したと言える。

最後に

ネイキッド・スネーク格好いい!

【やり込み】
・FOODコンプリート
・ノーFOODクリア
・FOX HOUNDクリア
・ネイキッド&ライコフマスク+ノーキルノーアラートクリア

[前へ][次へ]

無料HPエムペ!