[携帯モード] [URL送信]
『同趣味』SS・初雪編
 今回は趣向を変えて、『同じ趣味、違うアイツ』の番外編をお送りします。

***

「……初雪」

 小さな声で名前を呼ばれて、俺は振り返った。

 だけど、後ろの席の太田は窓の方を向いていた。

 外を見ると、雪がちらほらと舞っている。

「……何?」

 太田が俺の視線に気がついた。

 こいつはいつも姉貴のお下がりを着てるらしく、今日も花柄シャツにピンク色のカーディガンだった。

 ランドセルも赤いし、クラスの中で一番細いのもあって女子にしか見えない。

「……何でもない。呼ばれたと勘違いした」

 そう言うと、太田は首をかしげた。

「俺の名前、飛鳥初雪だもん」

「初雪って、この雪の初雪?」

「そーだよ」

「へぇ。初雪が降った日に生まれたの?」

「うん。誕生日、明後日」

 俺の言葉を聞いた太田は、筆入れを開けて何かを取り出した。

「ちょっと早いけど、誕生日おめでと」

 そう言って俺にくれたのは、俺が好きなゲームのステッカーだった。

 すごく格好よくて、キラ加工されている。

「これガチャガチャの当たりじゃん。いいの?」

 いつもは表情に乏しい太田が、一瞬ふわっと笑って頷いた。

 笑うとすごく可愛くて、俺は少しドキッとした。


 俺は、家に帰ってからもしばらくステッカーを眺めていた。

 虹色の光は、見ていて飽きない。

 悩んだ末にそのステッカーは学習机の引き出しに貼った。

 太田は凄く引っ込み思案で友達がいない。女子に弄られてるのはたまに見るけれど……。

 あいつもゲーム好きなのかな。

 一人ぼっちは可哀想だし、たまーになら遊んでやってもいいかな。

 俺はステッカーを指でなぞりながらそう思った。

***

 小学生の頃、まだブラックになる前の飛鳥君とタカちゃんのお話でした。

 この頃のタカちゃんはとても愛らしいのですが、背が伸びるにつれて全体的に間延びして普通になりました。残念。

(2011.8.17拍手)

[*prev][next#]

7/44ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!