[携帯モード] [URL送信]
・嫉妬編4
「…………清って呼ばれるの、嫌だったか?」

「……嫌ではない」

「太田って名前は、他のヤツも呼ぶだろうが。でも、清ってのは俺だけだろ。他のヤツには呼ばせねーし。……きっと、俺の方がよっぽど嫉妬深い」

「……ふ、はははは、本当だ」

「え、そこで笑うかよっ?! 〜〜っっ、くそ、言わなきゃよかった……」

 芹沢サンは天井を仰いで、自分の顔をバシバシと叩いた。

「……ありがとう」

「あ?」

「そこまで特別な意味が込められていたのは知らなかった。嬉しいよ」

「う、嬉しい?」

「俺はもっと喜ぶべきだった。……ありがとう」

「き、清……」

 うわ、いい雰囲気。これは!

 と思った瞬間。


「そこの二人にも心配をかけたな。悪かった」


 ……そこの二人?


「おわあああッッ?!」

 太田先輩の言葉に芹沢サンが絶叫した。


 ……完全にバレてたみたいですね、俺たち。

 ふと横を見ると、今度は小山内先輩がご機嫌斜めでした。


「僕……いつまでオヤマダなんだろ」


 芹沢サンに殺されるのは免れたものの、小山内先輩にめっちゃ虐められた俺でした。うわーん!

***

 芹沢君が嫉妬するお話が読みたいという声が多かったのですが、実は「隣」の座に執着しているのはタカちゃんの方だったり。

 芹沢君は、名前を呼べるだけでそこそこ幸せになれちゃう人なのでした。

 ちなみに、芹沢君が瀬名君のフルネームを覚えてる思考回路は、「瀬名……セナ……F1……カケル……速そう……」という単純な連想だったりして(笑)

(2011.9.29拍手)

[*prev][next#]

20/44ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!