[携帯モード] [URL送信]
・嫉妬編3
「屋上はダメだっつったろ。柄の悪いのがいっぱいいるから……って、ええ? ま、マジで泣いてんの? なんで?」

 動揺する芹沢サンの声。


(お、太田先輩、泣いてるって!)

(しっ、静かに!)

 さすがにこれ以上は近づけないので、俺と小山内先輩はそのひとつ前の角に隠れて、声だけで様子を伺ってます。ハラハラ。


「……すぐ落ち着くから、放っておいてはくれまいか」

「なんでだよ……。やっぱ瀬名のせいなのか? それなら後で殺しておくけど」


(おおお小山内先輩、俺、殺されちゃうよ!)

(しっ、静かに!!)


「それは瀬名君が可哀想だからやめてくれたまえ。俺がおかしいのだ」

「おかしい?」

「キミに友達が増えると、俺は嬉しい……はずなのだが。小山内の言う通りだ。皆慈が瀬名君の名前を覚えていて、少しばかり……嫉妬した。すまない」

「…………」

「キミ、俺の名前はなかなか覚えられなかっただろう。最初に呼んだのは“キモオータ”で、その後もちゃんと呼んでもらえなかったからな」

「それは……俺が悪かったよ。最初に違う名前で覚えちまうと、なかなか正しい名前が入ってこねーんだよ……」

「わかっている。大概のことはわかっているのだが。……だから、少し放っておいてくれればすぐに……」

「太田尊志、だろ。さすがにもう覚えてるっつの」

「……っ! ……そ、そうか」


 不意に沈黙が流れた。

 俺と小山内先輩がそーっと顔を覗かせると、太田先輩は力無く壁にもたれかかり、芹沢サンは太田先輩の目元をそっとぬぐっていた。

 薄暗い廊下に差し込む逆光で、二人の表情まではよくわからない……。

[*prev][next#]

19/44ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!