[携帯モード] [URL送信]
『同趣味』SS・疑惑編1
 前回の掛合で「飛鳥君は本当に服を脱がしてハァハァ言ってたんでしょうか?」という素朴な疑問(?)メールをいただいたので、今回はそのアンサーSSとさせていただきます!

 ネタ投下、ありがとうございます!

***

「俺、飛鳥君のこと、好きだよ」

 そう言って、太田は頬を染めた。

 見れば、太田の胸はちょっと膨らんでるような……。

「ええええッ?!」

 自分の絶叫で目が覚めた。


 ――そんなわけあるかっ。


 思わず自分にツッコミを入れた。



 思い返せば1年前。

 俺は太田を家に呼んで、俺の得意なゲームで一緒に遊んだ。

「すごいね、飛鳥君。強いね!」

 とか褒められるつもりだった。ぶっちゃけた話。

 ……結果は、俺の完敗……。

 マジで手も足も出なかった。

 太田は色々と教えてくれようとしたけれど、自分のプレイを自慢したかっただけの俺は、悔しくて惨めで、酷いことを言って太田を家から追い出した。

 ……はぁ。

 それからずっと、太田の顔を見るとカァッと頭に血が上って、意味もなく冷たく当たってしまう。

 太田から借りた本を破って返した時は、すごく悲しそうな顔をしてた。

 自己嫌悪でため息が出る。

[*prev][next#]

10/44ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!