[携帯モード] [URL送信]
『同趣味』ココロザシ編
 『同じ趣味、違うアイツ』の二人が拍手のお礼を申し上げます。

 二章を読み終えてからの方が楽しめると思います。

***

芹沢(以下、芹)「男二人がダラダラしてる話を読んで何が楽しいのかね」

太田姉(以下、姉)「それのどこがお礼なの? そんなことを言ったら全国の腐女子が呪うわよ!」

芹「もう一人ってアンタかよ!(この女、苦手……)」

姉「本編の方はタカちゃん目線だから、第三者からの視点も加えようという親切心よ」

芹「メタなコトを言いやがるな」

姉「ところで、芹沢君はいつになったらタカちゃんに告白するの」

芹「あんた馬鹿だろ」

姉「尊敬の『ソン』がわからなかった人に言われたくないわ」

芹「ウッ……」

姉「ところで、『ココロザシ』の方はわかったの?」

芹「馬鹿にすんなよ(と、指で宙に文字を書く)」

姉「……ふんふん、それは『心』であって、『志』ではないわね」

芹「!!!」

姉「可哀想なタカちゃん。愛しのダーリンに正しく名前も書いて貰えないのね。でも大丈夫、馬鹿な子ほど可愛いって言うもの。タカちゃんは決して芹沢君を見捨てたりしないわ!」

芹「フォローなのか? それはフォローになってンのか?!」

姉「ところで、どうしてタカちゃんの事、『キヨ』って呼ばないの?」

芹「!!!」

姉「ははぁ〜ん。呼ぶって決めてはみたものの、恥ずかしくてタイミングを逃してるんでしょ」

芹「うっせぇー!!」←芹沢、逃走。

姉「んふふ、あんなに顔を真っ赤にして。いじり甲斐があるわぁ〜。脈がないワケじゃないと思うのよねぇ(ぶつぶつ)」←太田姉、黒い笑みを浮かべながら退場。

***

 あ、あれ……おふたりさん、お礼コメントは……。

 とっ、とにかくありがとうございました。

 今後ともよろしくお願いいたします!

(2011.7.27拍手)

[next#]

1/44ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!