[携帯モード] [URL送信]

旧戦国
風の心
どんなものにも、始まりがあればいつか終わりがくる。
それは朝と夜のように。光と影のように。生と死のように。

有として存在し、そして無に還るように。

伝える為の身体はもうない。
熱を教える器は、もうない。
いつか、いつかこの想いも朽ち果てるのだろう。
始まりの境界線さえ曖昧なこの感情にも、終わりはくるのだろう。

それでも。

溢れ出るこの想いは、未だ尽きることはない。
先に朽ちてしまった器を満たしていたそれは、
もう形を成さない己の存在を、はっきりと形作る。

ならば。

風よ。
せめてこの想いを、その背に乗せてはくれないか。
少しでいい、この感情を、伝えてはくれないか。

この真摯な瞳の傾奇者の、真っ直ぐな心に。
愛していたと、愛していると。

またいつか、始めるために、生きてほしいと。


[*前へ]

3/3ページ


無料HPエムペ!