[携帯モード] [URL送信]

短編小説
真夏のプールで1(晃輔×静歌、悠輔×?)



────それは真夏の暑い日のことだった。





















「プール?」


「あぁ、スーパーの福引きで当てたからな。お前達で行ってこい」


「兄貴は行かないのか?」


「二人分だし、この前俺は行ってきたばかりだからお前に譲る。静歌と行ってこい」


「分かった、サンキュー!」









────…










「しっかしまぁ……デカいなおい」



────兄貴が偶然福引きで当てたプール招待券


それをもらってプールへと来てみたのだが


最近有名な、日本で一番大きなプールらしく。


広さはディズ○ーランドほどあるらしい。


俺はテキパキと水着に着替え、プールサイドで着替え中の静歌を待つ。









────静歌と付き合いだしてから早数年


兄貴はすでに学生結婚しており、ちゃんと妻がいる


俺も親のいない生活に慣れるため、二人の家に住まわせてもらっている。


静歌とは多く会っていて、こちらの都合に全て合わせてスケジュールをくんでいるみたいだ。










「晃輔、お待たせ♪」



そんな所に我が姫君が



「あぁ、来たか静………」



「あ、あの……どうかな? 雅ちゃんとお買い物行ったときに一緒に買ったんだけど」



 依然身につけていたものより、さらにラフになったその水着


まだ成長しているのか、胸元あたりにも目がいってしまう。



「すごく似合ってるよ。俺のために選んでくれたんだな」



そう言うと、静歌を抱き寄せる。


顔を赤らめながら、胸に顔を埋める静歌


ここ数年で静歌はぐっと女性らしく、綺麗になった。


 体の成長もさながら、口調や立ち振る舞いも、年相応の落ち着き感やオーラが出るようになった。


実際、俺もさん付けされることも無くなり、俺と静歌の仲は高校時代よりも遥かに縮まった感じがする。


本人は雅ちゃんがアドバイスくれたおかげとか言ってたけど……


女の子は分からんなぁ










………などと余韻に浸っているのだが




















「このやろ〜……」



「俺達に喧嘩売ってんのかな……?」



「あいつは男の敵だ!」



「殺殺殺殺……SATSUGAIせよ!!」























冷やかしと、嫉妬と凄まじいくらいの殺意の目線が突き刺さる


しかし静歌となら、歩いているだけでもそんな視線を浴びされるため、ある程度耐性はついたつもりだ。


が、最後の言葉はシャレにならないため、俺達はそそくさとその場を後にした。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!