[携帯モード] [URL送信]

短編小説
あー夏休み?(多勢)



「あぢぃ〜……」



 悠輔は仰向けになりながら、パタパタと団扇を仰ぐ。


しかし、それも気休め程度


微風が前髪をなびかせるぐらいで、冷却効果はほとんどない。


かといって、力一杯仰いだら体力を奪われる上に、汗をかくだけだ。


最終兵器のクーラーも、電気代諸々の影響で使うことが出来ない。


しかもよりによって、今日は部活が休み


夏休み初日はぐーたらな生活で幕をあけてしまった。



「うおぉー、プール入りてぇ〜、アイス食べてぇ〜、南極に行きてぇ〜」



 ゴロゴロする元気もない悠輔は、渋々立ちあがりながら、階段を降りて台所へと向かう。


冷凍庫をガサガサと音をたて、何か無いかと物色する悠輔


しかし、こんな日に限って何もない


仕方なく下の冷蔵庫から麦茶を取り出し、溢れんばかりの氷を入れてそれを一気に飲み干す。



そして



「ぬぁにが、あー夏休み♪だ! こっちは暑さで死にそうなんだよチクショー!」



キンキンに冷えた飲み物を飲み干した後で言うことか、とでもつっこみたくなる言葉を吐く。



そして台所を後にすると、身支度を始め、家の外に出て行った。










─────…











「いやっほーーい!」


「ハァ……頭が痛い」


「まぁ、悠輔だから仕方がないよねぇ……」



そう、向かった先は他でもない


陶山学園のプールだった。


本来水泳部以外は使用禁止なのだが、海のおかけで、特別に使わせてもらっている。


「いやぁ、夏といったらプールだねぇ〜」


「休みなんだから、家でゆっくりしてれば良かったのに……」



「ほぅ……お前はあのサウナ状態の我が家にずっといろと言いたいのかな?」



「確かに、自室のクーラーは八月まで禁止されてるから仕方ないけど……」



「だったらいいじゃん♪」



「まぁ……」






そう言い残すと悠輔は再び泳ぎ始める。


そんな悠輔を見ながら、晃輔と海は……



「平和だね、晃輔」



「全くです、こんな日がいつまでも続けばいいんですけど……」

















そしてこの一年後


悠輔は全国制覇を果たし


二人揃ってエトワールへの留学が決定するのである。
































※何となくの思いつきで書いたので、よく分からないところばかりですが、読んでくれたみなさま! ありがとうございました! 7/22

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!