[携帯モード] [URL送信]

短編小説
旅立ちの日に(悠輔)



この物語は、もし、悠輔と晃輔が事故に遭わずに、卒業式を迎えたら……


IFが交差したお話です。




























────卒業





長いようで短い、俺の高校生活は終わりを告げた。














同時に……




















俺の陸上人生も終わりを告げた。


















「兄貴も卒業か……早いな……」



「何ジジ臭いこと言ってやがる……まだ老け込むには早いっつーの」



「でも……陸上はもう……」



「あぁ……そうだな」




















一人のかなえられぬ夢










それを糧に今まで走り続けた







しかし……









夢を叶えるために、六年間走り続けた俺の体は……
















すでに限界だった。


















全国制覇を達成した二ヶ月後

















練習中に陸上選手の命ともいえる足に……


















爆弾を負ってしまったのだ。























「だがな晃輔、俺は後悔なんかしてないぞ。また新しい夢を……俺は見つけたから……」



「夢?」



「夢だ……教師になるってな」



「教師って……まさか兄貴が……」



「あぁ、そういうことだ……」

























 俺は指定校推薦で、体育大学に合格することに成功した。








それは、俺の新しいスタートだ。







誰よりも凄い教師になるという……







決して曲げることのない






俺の信念─────






















「もう、以前のようには走れない……でも、夢が完全に終わった訳じゃない……まだ終わらせてなるものか」



「………」



「俺の夢は永遠に不滅だぜ♪」



「ははは……兄貴らしいな」



「そう言ってくれると、ありがたいな……まぁ、まだこれからだけどな……」



「あぁ、これからだな……」






「「夢を語ることこそが、夢を叶える第一歩だから」」






















もう立ち止まることなど無いだろう
















この夢は、俺が決めたものだ

















夢は叶うものじゃない、叶えるもの……
















この先が、どんないばら道だとしても















俺はくじけるようなことは無いだろう
















今までの経験すべてが俺を強くしてくれた、支えてくれた。


















これからもそれを力にしていく

















夢を叶えるために────





















その先を目指して……






























そう────























自分自身のために─────

























後書き:なんかグダグダになってしまいました、すみません!

ただ、陸上選手として生きていくことだけが全てとは限りませんよ?













.

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!