[携帯モード] [URL送信]

短編小説
コンビの始まり(悠輔×こうめい)『プリマ☆ステラ』



 俺とコウメイの出会い?


 あぁ、その話はずいぶん前に遡るな─────










─────…




「よえぇな……」



「おまえっ……噂の」



「蹴撃の掃除屋、覚えときな」









 今日も道ばたで絡まれ、喧嘩


 だが結果は歴然、悠輔の圧勝という結果に終わった。


 取り出したタバコに火をつけ、ふかしはじめる。


 すでに陶山地区はあらかた制圧し、悠輔に刃向かう者は殆どいない。


 これから先はどうしようか、そんな時に後ろから低い声で声をかけられた。




「榊、悠輔だな? ちょっとツラかせや!」



(ちっ、何回も何回も面倒な奴らだ……)



「おい! 聞こえねぇのか!! さっさと────」



「誰に口利いてやがる……あ? ぶっ潰してやるからさっさと案内しな、三下!」



「くっ、無駄口たたけるのも今のうちだぞ!」



「望むところだ……」













──────…














「よぉー、榊。会いたかったぜ?」



「またテメェか、一度やられた時に言わなかったか? 次ツラ見せたらただじゃおかねーって」



「るせぇ! 今日こそケリつけてやる! おい! 出てこい!」



「ちっ……卑怯なヤローだ」




 悠輔の周りを十数名が囲む


 一度負けてるから念には念をとばかりに、金属バットやら木刀などを持っている


 殴られれば怪我どころでは済まないだろう


 さらに人数で悠輔は劣性


 勝つことはかなり困難な状態だ。





「勝てばいいんだよ勝てば、手段は選ばない。それが俺達のやり方だ!」


「ヤロォ……」



「死ねやぁぁぁ!」



「……邪魔だ!!!」



「ガフッ……」



 話し終えるか否かという刹那、横から襲われる。


 振り下ろされるバット、それをかわし、相手の腹部に渾身の力で蹴りを叩き込む。


クリーンヒットした相手は膝から崩れ落ち、動かなくなる。



「テメェ!」



「だから、邪魔だって言ってるのが……聞こえねぇのか!」



「アグッ!?」



 直進してきた相手をかわし、相手の頭を抱えたまま、跳び膝蹴りを入れる


 鈍い音とともに頭が後ろに跳ね返り、足が地面から離れ、地面に倒れ込む。




「次は、どいつだ?」



「くっ、コノヤロォ……」



「そろそろ負けたときの言い訳、考えた方が良いんじゃないか?」



「うるせぇ! 最後に勝つのは俺だ!!」




 大胆不敵に微笑む悠輔


 しかし、悠輔は気が付いていなかった。


 ───後ろから迫り来る存在に



 相手の焦ったセリフ、だがそれには裏があった。"演技"という裏が……



 抜き足差し足で忍び寄る存在に悠輔は、全くといっていいほど気が付いていない。


 その様子を見ていた頭は不気味な笑みを浮かべる、この勝負はもらったと────



「何がおかしい……」



「くくくっ、確かにテメェの強さは認めてやるよ」



「………」



「だがな、最後に勝つのはこの俺だ」



「何だと?」



 殺気をむき出しにして、相手を威圧する悠輔。そしてなお続ける



「だってお前はよぉ……」



「………」



「終わってるんだからな」



「なっ!?」



「やれっ!!!」



 後ろから振り下ろされる金属バット


 すぐに防御体制に入るが、ダメージは計り知れず……最低でもどちらかの腕を犠牲にしなければならない。


 迫り来る一撃に、目をつぶる。




────…


───…



「?」



 いつまでたってもその一撃はこない


 恐る恐る、目を開けてみると……



「なっ!?」



「卑怯な奴は、俺も大嫌いで……なっ!!」


「グッ!?」



相手を殴りとばす少年


身長は悠輔より少し低いくらいか


だが、がたいはかなり良かった。


何よりも……



「お前……陶山中学の……!?」


「………今は、目の前の敵だけを考えな」


「……ハッ! 言われなくてもだ!」





────その後はあっけなかった



 ものの数分とかからず、相手は全滅で悠輔の勝ちとなった。








 これが───









 悠輔とのコンビ、『龍虎』として地域に名を轟かせる










───初めての戦いだった。































 え? 肝心なところが分からない?



………



 そこはまぁ……企業秘密ってことで。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!